東京ひとり暮らしのミニキッチンより

ワンルーム、ミニキッチン(IH/2口)で一人暮らししています。工夫しつつお菓子作ってます。最近はタイ料理にはまってます。そしてだいぶ心折れていますが、日大通信の商学部に在学中です。

専業主婦は職種だ

にほんブログ村 OL日記ブログへにほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へにほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

おはようございます。藤沢です。

タイトルは私のことです。


私は今年23歳になりますが、同年代の友人と話すと専業主婦願望がとても強いように感じます。


男の子はどうなんだろ…

家にいてほしいと思っているんだろうか…


ちらほらと私のまわりでも、授かり婚含め…結婚するカップルが出現しました。共働きをしている夫婦は今のところ、聞いたことがないです。まだ、生活に緊迫していないからなのかな。


専業主婦は逃げ道、楽だから、とかそういうわけではなく…


家事は労働です。


専業主婦をまず職種として認識すると、その働き方は在宅勤務に近いものになるわけで。

会社にあたるのが、世帯主やら旦那あたりになる、と思う。


単なる在宅勤務の会社員と比較すると、専業主婦の場合は、愛する旦那(と私は信じたい)に雇用されている。


え、なんて素晴らしい。。


私は仕事に特別愛情を持っているわけではないから、もし、愛情をもって労働できるのなら、どんなに良いか…


婚活も就活のようになれば良いのに。


就活サイト(婚活サイト)

企業説明会(お見合いパーティ)

進路指導部(結婚相談所)


全部利用するのが当たり前な就活くらい、一般化になってしまえば、道筋をメディアなり何なりで固定してくれれば、どんなに楽か。ゴールに向かってただひたむきに努力できるのに。


どんなに進んだって、やはりネットだのお見合いパーティだの、出会いのキッカケを言うのが引っかかったり、すると思うの。


リクナビで就職した!

と聞いて違和感ないでしょ。


アプリで結婚した!

はてな、出ますよね。


受験やら、就活よりも難しいのでは。婚活。もはや、天性?職人技??


なんて、ちょっと焦り出した22歳のボヤきでした。

もうすぐ23になるのよ。

親は、結婚してたからねえ、この年。